日本政策投資銀行 Recruiting PR Site 2019

MODEL

ビジネスモデル

投融資一体型金融サービス

DBJグループは、投融資一体型のシームレスな金融サービスを提供し、
中立的かつ長期的視点で時代を見据えた金融手法により、
企業の国内外のファイナンス活動全般にわたってお手伝いをします。

投融資一体型の
金融サービス

融資部門

お客様の多様化する資金調達ニーズに
対応したファイナンス

  • 中長期融資
  • 独自の高付加価値の金融サービス
    (環境格付をはじめとする評価認証型融資など)
  • ストラクチャードファイナンスなどの仕組み金融

投資部門

お客様の抱える様々な課題に対して、
長期的視点に基づいたリスクマネーの提供

  • 成長戦略、事業再編、国際競争力強化、インフラ事業向けのメザニンファイナンスやエクイティなど

コンサルティング / アドバイザリー部門

お客様の競争力強化や地域経済の活性化に
寄与する案件に対してアドバイザーとしてサポート

  • 仕組み金融などのフィアナンスのアレンジメント
  • M&Aアドバイザリーサービス
  • 産業調査力と新金融技術開発力を活用した提案

投融資

  • 中長期融資

    どのような資金調達方法や条件が企業にとって望ましいのか、政策金融機関として培ってきた長期融資のノウハウを強みとしながら、企業の中長期のファイナンスニーズに合わせた融資を行っています。企業は、事業の収益性を勘案した中長期の返済が可能となります。

  • メザニンファイナンス

    メザニンファイナンスは、従来より金融機関が取り組んできた融資と、普通株式によるエクイティの中間的な金融手法です。メザニンファイナンスは、融資よりも返済順位が低いため、リスクが高い資金になりますが、財務基盤強化や事業買収、子会社・事業の切り出し、事業継承、非公開化などのケースにおいて、ニーズが高まっています。

  • エクイティ

    エクイティ投資を通じて、M&A戦略や資本戦略、海外戦略における投資先企業の成長戦略を実現し、投資後は、DBJが有するネットワーク、産業調査力、金融技術力などを活用して、中長期的な企業価値向上を支援しています。

  • 仕組み金融・金融技術

    1998年に国内で初めてプロジェクトファイナンスのアレンジを行って以降、 多様化・グローバル化する企業の様々なニーズに応えるべく、プロジェクトファイナンス、オブジェクトファイナンス、証券化、PPP/PFIなどのストラクチャード・ファイナンスを提供。また、LBO/MBO、シンジケート・ローン、ABL、DIPファイナンスといった最先端の金融手法を積極的に取り入れています。

  • 認証・独自プログラム

    DBJは、1960年代の公害対策を皮切りに、過去40年以上にわたって環境対策事業に対して投融資を実施してきました。
    2004年には、培ってきた知見をもとに「DBJ 環境格付」融資を創設。その後、「DBJ BCM格付」融資、 「DBJ 健康経営格付」融資を開発し、企業の取り組みを評点化し、その評価に応じて融資条件を設定する世界で初めての融資メニューを導入。また、 医療機関への「DBJ ビジョナリーホスピタル制度」や不動産に対する「DBJ Green Building認証制度」、地域活性を目的とした「地域元気プログラム」など、DBJ独自の幅広いプログラムを開発しています。

    DBJ評価認証型融資の詳細はこちら

コンサルティング/アドバイザリー融資

  • M&Aアドバイザリーサービス

    M&A(企業の合併・買収)は、企業の事業を効率化しつつ、雇用の安定化や競争力の強化にもつながる点で有効な手段です。M&Aに対する国内外での関心の高まりなどを背景に、DBJでは独自のネットワークによるアドバイザリー業務を提供しています。

  • 大手町イノベーション・ハブ(iHub)、
    ベータ版支援プログラム

    社会的課題をビジネスで解決することを目的に、企業に眠る知恵をつなぎ、新たな価値を創造する「場」として、2013年にiHubを開設しました。さらに2015年には、企業が取り組む事業の開発段階におけるビジネスモデルの実証に必要な資金の協力を行い、一層の事業化推進を図っています。

  • 技術事業化支援センター

    当センターでは、iHubの企画・運営のほか、製造業における技術を価値に変える経営力(技術経営力)の視点から、新たな価値創造につながる将来の事業モデル調査や提言、研修事業などを行っています。

  • DBJ女性起業サポートセンター
    (DBJ-WEC)

    政府は成長戦略の重点項目として「人材の活躍強化」を掲げており、その実現に向け、女性の新たな視点によるビジネスが、日本の新たな市場創出と社会の変革の原動力として求められています。
    当センターでは、女性による新ビジネスの成長のための資金・起業ノウハウなどを総合的にサポート。その一環として、新ビジネス発掘・育成のため、女性経営者を対象とするビジネスプランコンペティションを毎年実施しています。

  • DBJアジア金融支援センター

    当センターの役割は、全国の地方銀行と連携し、中堅・中小企業などのアジア事業展開にあたって情報面からサポートすることです。
    さらに、政府の成長戦略の一環として運営される「新輸出大国コンソーシアム」の一翼も担うなど、アジアに関する情報発信を強化しています。

  • 公有資産マネジメント

    公有マネジメントとは、自治体が保有する学校、庁舎、上下水道、道路などの公有資産は、老朽化や、人口減少・高齢化に伴う供給量の変化などの課題を抱えており、それらを経営的視点から、総合的に企画・管理・活用・処分するための手法です。DBJは、自治体に対し、施設の現状把握支援、総合管理計画の策定支援、個別モデル事業におけるPPP/PFIの導入支援などに取り組んでいます。

Copyright, Development Bank of Japan Inc. ページの先頭へ