ホーム > 会社情報 > 企業情報 > コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

DBJは、コーポレート・ガバナンスの強化により、効率的で透明性の高い経営体制の構築を図っています。
業務の健全性および適切性を確保し、信用の維持を確保するとともに金融の円滑を図るために、適切な経営管理(ガバナンス)のもと、業務の全般にわたる法令等遵守、顧客保護等の徹底および各種リスクの的確な管理を行っています。
企業理念の実現を支えるコア・コンピタンスを基礎に、「行動基準」および「ステークホルダーへのコミットメント」による経営と社員による実現力を用いて「企業理念」の実現に努めることが、ステークホルダーの利益につながると考えています。このため当行取締役会は、質の高い最適なコーポレート・ガバナンスに努め、「企業理念」の実現に向けて持続可能な経営にしていきたいと考えています。また、適時・適切な情報開示に努め、アカウンタビリティを充分に果たすことにより、信頼に基づいた経営に努めています。

また、経営の透明性確保、コーポレートガバナンス強化の観点から、社外取締役を選任しています。あわせて、外部有識者から構成する人事評価委員会、アドバイザリー・ボード等を設置しています。

DBJのコーポレート・ガバナンス体制の概要

内部統制システムの整備の状況

DBJにおいては、業務の健全性を確保するために、会社法に基づきDBJ の業務の適正を確保するための体制(内部統制システム)を「内部統制基本方針」として取締役会において定めています。

具体的には、法令等遵守態勢、リスク管理態勢、内部監査態勢等をDBJの経営上重要な課題として位置づけ、各規程類の制定、担当部署の設置その他態勢の整備を行っています。

「内部統制基本方針」(全文)

内部監査態勢

DBJでは、内部監査部門として、執行部門から独立した取締役社長直属の部署として監査部を設置し、当行の業務運営全般にかかる法令等遵守、リスク管理を含む内部管理態勢の適切性・有効性について検証を行い、その評価及び改善のための提言を実施しております。

ページ先頭

ページトップへ